建設業労働災害防止協会-建災防広島県支部公式ホームページ

『建災防』の目的・事業内容について

建災防の目的

建災防は、建設業を営む事業主及び事業主の団体が会員となって組織された団体であって、建設業における、労働者の安全及び衛生に関する措置に対し、援助及び指導を行うなど労働災害防止活動を促進し、建設業における労働災害の防止を図る事を目的とする。

建災防の事業内容

1)労働災害防止活動の普及・推進

  1. 支部報「建災防広島」の発行(8月を除く毎月10日)
  2. 本部報「建設の安全」、ポスター等の配布・全国安全週間、全国労働衛生週間、年末年始労働災害防止強調期間、年度末労働災害防止強調月間には、運動を展開するためのポスター標識、ワッペン等を配布
  3. 広島県建設業労働災害防止大会(9月)の開催
  4. 図書、各種用品の斡旋、普及
2)各種講習、教育等の計画的推進
  1. 各種作業主任者技能講習の実施
  2. 各種特別教育の実施
  3. 作業主任者の能力向上教育の実施
  4. 安全衛生業務従事者に対する能力向上教育の実施
  5. 危険有害業務従事者の安全衛生教育の実施
  6. 職長・安全衛生責任者教育の実施
  7. 現場管理者統括管理講習の実施
  8. 安全指導者研修の実施
  9. 各種講習、教育の講師養成講座の受講
  10. 建設工事に従事する労働者に対する安全衛生教育の実施
3)補助事業の実施
  1. 専門工事業者安全活動自律促進事業
4)会員に対する安全衛生活動の支援
  1. 講師の派遣、斡旋

プライバシーポリシー

建設業労働災害防止協会広島県支部は、当支部が実施する各事業等において入手した個人情報については、個人情報保護に関する法律およびその他の法令を遵守し、個人の人格尊重の理念のもとに慎重かつ適正に取り扱います。

<<プライバシーポリシーの基本方針はこちら