建設業労働災害防止協会-建災防広島県支部公式ホームページ

カテゴリー

« ずい道等建設工事における「換気の実施等の効果を確認するための空気中の粉じん濃度、風速等の測定方法」等の一部改正について | メイン | 労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令の施行について(アスファルト等) »

8月以降における熱中症予防対策の徹底について

 今般、厚生労働省より、当協会に対して標記について別添のとおり周知依頼がありました。
 本年の熱中症対策については、平成29年3月24日付け「『STOP!熱中症 クールワークキャンペー』の実施について」に基づき周知をお願いしたところですが、本年の熱中症による報告件数が昨年の同時期と比較すると増加していることが分かりました。
 標記通達では、労働者の熱順化について、熱へのばく露が中断すると4日後には順化の顕著な喪失が始まることから、夏季休暇後など、一定期間暑熱環境における作業から離れ、その後再び当該作業を行う場合等においては、熱順化していない状態に戻っていることが想定されることに特段の留意をするよう明記されております。
 このようなことから、会員事業場等に対し、より一層の熱中症予防対策の周知徹底を図るようお願いいたします。

<<通達はこちら