建設業労働災害防止協会-建災防広島県支部公式ホームページ

カテゴリー

« トンネル工事における可燃性ガス対策に関する留意事項について(参考送付) | メイン | 平成25年度公共工事設計労務単価に基づく契約変更の取り扱いについて »

「所得税法等の一部を改正する法律」による「不動産譲渡契約書」及び「建設工事請負契約書」の印紙税の税率の特例措置延長及び拡充等の周知方協力依頼について

 今般、国土交通省より当協会に対して、標記の件について協力依頼がありました。
 
<各 位>
                <  国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課  >

 平成25年4月1日に「所得税法等の一部を改正する法律」が施行され、「印紙税法別表第一第一号の物件名の欄1に掲げる不動産の譲渡に関する契約書(一の文書が当該契約書と当該契約書以外の同号に掲げる契約書との該当する場合における当該一の文書を含む。)及び道標第二号に掲げる請負に関する契約書(建設業法第二条第一項に規定する建設工事の請負に係る契約に基づき作成されるものに限る。)」の印紙税軽減に係る特例措置の適用期限が平成30年3月31日まで延長されました。
 また、平成26年4月1日以降作成される契約書については、印紙税の軽減措置が拡充されました。
 つきましては、国税庁が作成した印紙税の軽減措置延長及び拡充等についての周知用リーフレット等により、貴団体傘下の建設業者等に対する周知方宜しくお願いいたします。
<<リーフレットはこちら