建設業労働災害防止協会-建災防広島県支部公式ホームページ

« 2011年11月 | メイン | 2012年07月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月10日

塩酸等貯蔵タンクの保守点検・改修工事における労働災害防止対策の徹底について

 今般、厚生労働省より、標記の件について周知依頼がありました。
 本件は、昨年8月24日に発生した塩酸貯蔵タンクの移設作業中の死亡災害について、過去にも同様の災害が発生していることから、同種労働災害の防止に万全を期するよう、添通達文書 記以下にある労働災害防止対策の徹底について周知依頼があったものです。
 なお、本通達は建設業労働災害防止協会HPにも掲載しております。
<<建災防広島2月号掲載ページを見る

広島労働局からのお知らせ~粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部を改正する省令案

粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部を改正する省令案(概要)
~屋外で金属をアーク溶接する作業等が呼吸用保護具の使用の対象となります~
<<建災防広島2月号掲載ページを見る

広島労働局からのお知らせ~除染等業務を行う事業主のみなさまへ~

除染などの作業に当たる労働者の放射線被ばく低減のための措置を義務化しました。
<<建災防広島2月号掲載ページを見る

2012年02月21日

建築物等の解体等の作業における事前調査の徹底等について

 今般、厚生労働省から標記について、当協会に対し周知依頼がありました。
 つきましては、別添記の事項について十分に留意していただくよう、会員事業場に対し、周知方よろしくお願い申し上げます。
通達文書基安化発0213第2号を見る

足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱の策定について

 今般、厚生労働省から当協会に対し「足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱」の周知徹底の依頼がありました。
 今回提示された要綱は、平成21年4月24日付 基安発第0424003号「足場からの墜落等に係る労働災害防止対策の徹底について」に代わり、平成21年度及び平成22年度に発生した墜落・転落災害の発生状況をもとに更なる防止にあたっての留意事項がまとめられたものです。
 しかしながら、建設業における死亡災害の4割を占める墜落災害全体を撲滅させるためには「足場から」のみならず、屋根・屋上、開口部等からの墜落災害防止対策を総合的に行う必要があると考えます。
 つきましては、厚生労働省からの要請と併せて、特に建設業労働災害防止規程(第10条から第35条)等の措置について、会員事業場に対し、周知徹底をお願いいたします。
足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱を見る


リーフレットをダウンロード