建設業労働災害防止協会-建災防広島県支部公式ホームページ

カテゴリー

« 下請事業者への配慮等について | メイン | 「下請債権保全支援事業の拡充及び延長について」及び「地域建設業経営強化融資制度の延長等について」 »

「下請契約及び下請代金支払の適正化並びに施工管理の徹底等について」、 「下請代金の決定に当たって公共工事設計労務単価を参考資料として取り扱 う際の留意事項について」の周知に

「下請契約及び下請代金支払の適正化並びに施工管理の徹底
等について」についての周知依頼がありました。
この中で、「6.施工管理の徹底について」として、「公衆災害や労働災害の防止及び
建設生産物の安全性や品質を確保するため、適切な施工計画の作成、工事現場にお
ける施工体制の十分な確保、工事全体の工程管理や工事目的物・工事用資材等の品
質管理及び工事現場における安全管理等の施工管理のより一層の徹底に努めるこ
と。」とされています。
また、「下請代金の決定に当たって公共工事設計労務単価を参考資料として取り
扱う際の留意事項について」についても併せて発出されております。
つきましては、本件に関する文書を下記のとおり当協会ホームページに掲載しております
ので、貴支部会員事業場に対し、適宜周知をお願いいたします。

・下請契約及び下請代金支払の適正化並びに施工管理の徹底等について
http://www.kensaibou.or.jp/data/pdf/20101213sitaukekeiyaku_oyobi_daikin_tetei.pdf
・下請代金の決定に当たって公共工事設計労務単価を参考資料として取り扱う際の留意事
項について
http://www.kensaibou.or.jp/data/pdf/20101213shitauke_daikin_kettei.pdf